本文へスキップ

むずかしいを簡単に!臨床で使えるシステムです

サービス/製品一覧SERVICE&PRODUCTS

サービス一覧


製品一覧

遠隔画像支援システム「Oviyam改」

2013年12月 価格改定をしました。

パソコン用 デモサイト
スマートフォン用 デモサイト
ユーザーIDとパスワードが必要です。
 ユーザーID:user
 パスワード:user

 システム全体の見直しとソフトの更新を行いさらにお求めやすくなりました。
 画像サーバ単体での販売も可能ですが、基本的にはリースで取り扱っています。
トラブル時などは修理では無く同等品との交換で対応させていただきます。
 導入前の貸し出しのご希望がございましたらご連絡をいただければ検討致します。
 多少の手間はかかりますが、データ転送はCDやDVDでの運用も可能です
 各社接続費用が発生致しますが、PASCやモダリティーとの接続も可能です。
 (接続実績:ZIO、Fijifilm、GE、AZE)

 オープンソースと暗号化技術を組み合わせた、遠隔画像支援システムです。
パソコン、iPhone、Android携帯にCTやMRIの画像が転送できます。
患者氏名やIDの匿名化など自動でDICOM情報の書き換えも可能です。万が一画像が流出した場合でも個人を特定することは困難です。(オリジナルオプションソフトにて対応)
スマートフォンの場合1分間に50枚の画像転送が可能です。(CTの場合)
暗号化の設定をすれば、個人所有のスマートフォンでも利用可能です。

暗号化技術は「厚生労働省の医療情報室テムの安全管理に関するガイドライン第4.2版(平成25年10月)」に対応しています。

オリジナル開発ソフト
 自動匿名化ソフト(オプションで対応可能です。)
使用オープンソース
 画像転送用「dcm4che2.4」
 DICOMサーバ 「dcm4chee
 画像変換プラグイン「Oviyam」、「iOviyam2」

確認済みスマートフォン
iPhone3GS以降iPhone6 まで確認済み
各社Android携帯
(OS 2.1以降5.0まで確認済み)

標準価格:98000円から
(初期設定費用、画像転送用パソコン、暗号化サーバ設定費用込み)


月額メンテナンス費用:20000円から
(設置翌月より発生します。設置場所などによって変わります。)
メンテナンス内容:暗号化サーバ使用料、DICOMサーバの貸し出し、管理、保守など


(いずれも別途消費税をお預かりしています。)

詳細はお問い合わせください。

5年使用した場合の概算費用(最安値設定)
98000円(初期導入費用)+20000円(月額メンテナンス費用)×59(ヶ月)=127万8000円
他社製品と比較してトータルコストの削減が可能です。


○○○○○○○○イメージ

大容量DICOMサーバ「dcm4chee」

目的に応じて柔軟に作成します。
最大容量は物理容量で約7TByteまで可能です。
Jpeg2000による圧縮も可能でより大容量のサーバとして運用可能です。
圧縮を行った場合画像枚数は概算で3倍多く記録することが可能です。
研究データの保存だけではなく、CTやMRI等の一次保存サーバとして安価に提供することも可能です。

オープン価格:目的や容量により柔軟に対応します。お問い合わせください。


合同会社Teleimage